2015年03月11日

かりゆし58の「さよなら」という歌

こんばんは。

どうもふじもんです。

報告は遅れてしまいましたが、先日の試合では大崎電機に大差で敗れてしまいました。
大切な首位攻防戦でしたが、ミスも多く、応援してくださる方にもフラストレーションをためるような試合になってしまったと思います。
本当に申し訳ありませんでした。

また地元ということもあり会場には多くの方が観戦の為に会場に足を運んでいただきました。
本当にありがとうございました。

話はさっそく変わりますが、今日は3月11日。
東日本大震災の日から4年が立ちました。

当時の僕は社会人になる直前でしたが、被災地の為に何かしたい。
そういう思いですぐにチャリティーTシャツを作りました。
数百枚販売することができ、みなさんのおかげで100枚超のシャツをプレゼントすることが出来ました。
ご協力いただいたみなさん。
本当にありがとうございました。

この時の行動力は今の自分からすると本当にすごかったと思います。
何かしたい。そう思っても躊躇してしまう自分が今はいます。

そんな自分を戒め、そのうちアクションを起こしたいと思いますので、その時はまたご協力していただけたらと思います。

当時は自分のことを知っている人なんかほとんどいない中でしたが、あれは自分の精一杯でした。

当時のブログを見ていても、ブログを通して何かを伝えるために、とても熱いことをたくさん書いていて、今見ると赤面しますが面白いことを書いてるものもありました。


下記は抜粋したものです。

全力という言葉について。

「全力」でがんばる。「全力」プレーなど聞いたことはあると思います。
しかし、この言葉はとても抽象的だと感じませんか。

「全力」:もっている限りの力、ありったけの力

と辞典に書いてありました。
しかし、スポーツの世界において、この「全力」では見ている人に感動を与えることは出来ないと思います。
私が考える「全力」。
それは「自分のもっている全ての力、能力」
プラス!!
「誰かに伝えるという気持ち」だと考えています。

この誰かというのは誰でもかまいません。

相手に負けないという気持ち。
親や監督、友人への感謝の気持ち。
被災地の方を励ましたいという気持ち。
などほかにもたくさんあると思います。

このように「全力」という言葉の意味を考えて行動するだけで、心、気持ちというものが入るだけで大きく変わると私は考えています。

今日は長くなりましたが私が伝えたかったのは、「かりゆし58」のさよならという歌の歌詞にもある。

「僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれないから」

ということです。

そして、常に全力で生きましょう。


以上です。

文章はかなりひどいですが面白いなと思い再掲載しました。
でも熱は感じとって頂けたと思います。

プレーオフも来週の土日に迫ってきました。

この短い時間でチームや個人のことを修正するのは大変だと思いますが、「全力」で取り組みたいと思います。

それでは。

☆ふじもん☆
posted by ふじもん at 21:27| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。